愛しのチャン・グンソク様☆

チャングンソク出演の映画「君はペット」

チャン・グンソクが最近出ている作品は、「君はペット」という名前の映画です。

女優の小雪と嵐の松本潤が主演した2003年の日本のテレビドラマを、韓国でリメイクして映画化したものです。

これは元々Kissに掲載されていた日本の漫画で、頭も容姿も素晴らしいキャリアウーマンの主人公が、失恋や左遷という状況に陥ってしまったときに、たまたま家の前に捨てられた青年を飼ってしまうというラブコメディーです。

韓国のネチズンから爆発的な人気を集めている作品で、仮想キャスティングまで行われたと言う注目の作品です。

だいぶ前のインタビューで、「君はペット」のような年上女と年下男のロマンティックコメディーに出たいと答えていました。

この思いが現実のものとなったわけです。

チャン・グンソクの相手役としてキャスティングされたのは、韓国で確固たる地位を築いているキム・ハヌルで、キャスティングの時から既に大きな期待が持ち上がっています。

茨城空港にて「君はペット」の制作発表会が3月3日に行われました。
これは韓国よりも先に行われたため、多くの取材陣が詰め掛けました。

「美男ですね」の放映が日本で行われた後だったため、たくさんの取材陣が競争するほどの勢いでした。

韓国国内では、キム・ハヌルの方がベテランで注目される存在ですが、日本ではチャン・グンソクの方がより脚光を浴びていました。

日本版の「君はペット」のイメージが強く残っている作品に臨むチャン・グンソクは、プロの俳優として力を出すために努力を惜しみません。

天才ダンサーとして違和感がないように、ダンストレーニングも一生懸命行っているようです。
そのうえ、この映画においては今までなかったほどの露出シーンが盛り込まれていることから、一段と多くのファンが期待しています。