愛しのチャン・グンソク様☆

チャングンソクといえば「美男ですね」

日本でチャン・グンソクが脚光を浴びる元になった作品は「美男ですね」です。

今や多くの女性を魅了してやみませんが、チャン・グンソクの短くはない芸能生活を知っている人は多くありません。
ドラマや映画に出演している今の彼は、第二の演技人生の始まりだとされています。

それくらい長い芸能生活を送っているのですが、難しいと言われる子役からの脱出は無縁だったようです。

韓国と日本、双方で大人気の「美男ですね」以前に、韓国で熱い支持を受けたのは「ファン・ジニ」という作品で演じたキム・ウノ役です。

2007年の作品で両班のか弱い息子という役柄でしたが、はかなげな演技が冴えドラマの序盤でしたが人々の注目を集めました。

やんちゃなイメージを持たれがちな今とは違って、チャン・グンソクの違った魅力に気付ける作品となっています。

2008年には、休むことなく2つの注目作品に登場しました。

その2作「ベートーベン・ウイルス」に「快刀 洪吉童(ホン・ギルドン)」では、従来のドラマにはないキャラクターの演技をしました。

「ベートーベン・ウイルス」の中では、才能に恵まれた天才トランペット奏者を「快刀 洪吉童」ではイ・チャンフィという先王の嫡子で復讐心に燃える難しい役どころでした。
「美男ですね」以前の作品では活発なイメージは皆無で、自身の感情は表に出さない物静かな印象の青年が主でした。

しかし、「美男ですね」のファン・テギョンでは、完璧なイケメンからは思いもつかないほどの突出した性格に難のある青年として登場しました。

とても神経質な性格で重症なアレルギー体質、ヒステリックでナルシストなだけでなく上から目線のピアノ奏者であり、作曲の能力も天才的なバンドのボーカルです。

この役が、チャン・グンソクにピッタリで、驚く程の人気になったわけです。